アメリカで運転する前に知っておきたいこと

暮らし / Life

はじめに

アメリカは広大な国土を持つため、自動車は日常生活に欠かせない交通手段です。

アメリカの交通ルールや交通標識は、日本と異なる部分が多いため、しっかりと理解しておくことが重要です。

アメリカの交通ルール

運転席の位置

アメリカでは、日本と異なり左ハンドル、右側通行です。

誤って左側を走行しないように注意して下さい。

一時停止のルール

アメリカでは、信号のない交差点に「STOP」の標識がある場合、すべての車両は必ず一時停止しなければいけません。

一時停止は、車を完全に停止させることを意味し、安全を確認してから交差点を通過する必要があります。

アメリカでは、必ず一時停止線の手前で停止しなければ交通違反となり罰金が科せられます

また、事故の原因となる可能性もあるため、しっかりと注意しましょう。

交差点での一時停止

信号のない交差点での一時停止の順番は、交差点に到着した先の車が交差点を先に通過することができます。

交差点にすでに一時停止している車がいる場合は、その車の後に続く必要があります。

点滅した赤信号

赤信号の点滅は、一時停止の意味になります。

つまり、車両は、停止線で必ず一時停止し、安全を確認したうえで進行する必要があります。

停電などで信号が点いていない場合も、一時停止と同じ扱いになります。

交差点での右折のルール

青信号の場合、安全を確認して右折できます。

青の右折矢印が点灯している場合、安全を確認して右折できます。

赤信号の場合、対向車線に車が来ていない場合は、一時停止後、安全を確認して右折できます。

ただし、交差点に「No Turn on Red」の標識がある場合は、赤信号の場合は右折できません。

信号のない交差点の場合、対向車線に車が来ていない場合は、一時停止後、安全を確認して右折できます。

高速道路のルール

アメリカの高速道路は、基本無料です。ただし、一部の区間や一部のレーンでは有料となる箇所があります。

アメリカの高速道路は、日本と比べて車速が速く、車両も多いため、注意が必要です。

高速道路には Carpool (カープール)レーンがあります。

Carpool (カープール)とは、2人以上が自動車に相乗りすることを指します。Carpoolのレーンで1人乗車で運転すると罰金が科せられます。

運転中、緊急車両に出会った場合

緊急車両がサイレンを鳴らしている場合、もしくは、赤色灯が点灯している場合は、緊急車両が通行できるよう、ウィンカーを出して道路の右側に寄せて停止します。

徐行するのではなく、必ず停止してください。

緊急車両が反対車線を通過する場合も同様に、右側に寄せて停止する必要があります。

踏切は一時停止しない

一般車両は、電車が来ていない限り踏み切りの手前で一時停止する必要はありません。

一般車両が、一時停止すると後続車に衝突される可能性もあるので注意して下さい。

ただし、バスやトラックなど大型車は踏み切りの手前で一時停止しますので、大型車の後ろを走行する場合は、衝突しないように注意して下さい。

センター・レフト・ターン・レーン(中央左折車線)のルール

中央左折車線は双方向路の中央にあり、外側の線は実線で、内側の線は破線で描かれています。

双方向道路の中央に位置し、車両が他の交通を妨げることなく、両方向から安全に左折(または許可されている場合はU ターン)できるようにします。

他の車両を追い越すために中央左折車線を使用しないでください。

中央左折車線の説明は、下記 YouTube動画もご参考ください。

YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=K_nQhHS6jjk

アメリカの運転免許

観光及び商用等の目的で訪米した短期滞在者がアメリカで運転するためには、日本で取得した国際運転免許証 (発行から1年間のみ有効なもの) が必要になります。

また、国際運転免許証はあくまで日本の運転免許証の翻訳という取り扱いであるため、運転時には日本の運転免許証と合わせて携帯する必要があります。

まとめ

アメリカで安全に自動車を運転するためには、交通ルールをしっかりと理解しておくことが重要です。

また体調が悪い時は運転を控えて、公共の交通機関で移動することも考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました